今回は、給与所得者、具体的には会社員の方や学生アルバイト、パート主婦の方に向けて103万円の壁について解説していきます。

103万円の壁とは

103万円の壁というのは、簡単に説明すると所得税や住民税において扶養(配偶者控除や扶養控除)の対象となる給与収入の限度額のことです。

例えば、3人家族のお父さんが年収500万円のサラリーマン、お母さんが年収80万円のパート主婦、子どもが年収100万円の学生アルバイトの場合、お母さん及び子どもの給与収入が103万円以下なのでお父さんがお母さんと子どもを扶養に入れた場合、お父さんの所得税及び住民税が安くなることになります。

それでは何故、給与収入103万円が扶養(配偶者控除や扶養控除)の対象となる限度額となるのでしょうか。

103万円の壁を理解するために押さえておくべき2つの税金のルール

この103万円の壁の仕組みを理解するためには、2つの税金のルールを覚える必要があります。

ルール① 給与所得者の場合、所得税と住民税の扶養は、給与収入ではなく給与所得で判断される

給与収入とは勤務先からの給与として支払われた総額、いわゆる年収のことです。

一方、給与所得とは所得税と住民税の計算をするため、また扶養の判断をするために給与収入を式に当てはめて算出をした金額です。

具体的な計算式は画面の資料をご覧ください。

出典:国税庁ホームページより画像を加工して引用(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm)

赤枠の部分、給与等の収入金額が1,625,000円までの場合は、給与所得控除550,000をマイナスすることで、所得金額を求めることが出来ます。

例えば、給与収入100万円の場合は、給与所得控除の550,000円を引くので給与所得45万円となります。

ルール② 給与所得者が扶養内で働くためには、言い換えると配偶者控除や扶養控除が受けられる範囲で働くためには合計所得金額(給与所得)を48万円以内にしなければいけない

それではここでルール①とルールを②を理解した上で、103万円の壁と呼ばれる給与収入103万円を画面の資料の計算式に当てはめてみると

出典:国税庁ホームページより画像を加工して引用(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm)

103万円-55万円(給与所得控除)=48万円(給与所得)となります。

つまり、給与所得者の給与収入が103万円以下であれば、扶養(配偶者控除や扶養控除)の対象である合計所得金額(給与所得)も必ず48万円以下になるということです。

分かりやすく言い換えると、103万円の壁(給与収入103万円)=扶養(配偶者控除や扶養控除)の限度額である給与所得48万円ということになります。

おそらく、多くの人が扶養(配偶者控除や扶養控除)が受けられる限度額を合計所得金額48万円以内ではなく、給与収入103万円以内と覚えていることから103万円の壁という言葉が広がったのではないでしょうか。

まとめ&103万円の壁の注意点

最後に、103万円の壁を理解する上での注意点についてお話をします。

今回、103万円の壁(給与収入103万円)とは、扶養(配偶者控除や扶養控除)の限度額である給与所得48万円ということを話しましたが、あくまでこれはアルバイトやパートの方、給与所得者の方のみに該当する話です。

例えば、給与収入以外にウーバーイーツの配達員としての報酬がある場合は、たとえ給与が103万円以内だっとしてもウーバーイーツから得た所得が加算される関係で扶養(配偶者控除や扶養控除)が受けられない可能性があります。

以上、今回は所得税や住民税の扶養(配偶者控除や扶養控除)に関係する103万円の壁について解説をしました。