所得税とは

所得税は個人が1年間で稼いだ所得に対して課税される税金で、納税先は税務署になります。

会社員や公務員、その他給与所得者の場合は毎月の給与から概算の所得税が源泉徴収され勤務先の会社によって毎月税務署に納税されています。

会社員や公務員、その他給与所得者の場合、毎月の給与から源泉徴収されている所得税は概算なので、年末調整によってその年の所得税(源泉徴収税額)が確定します。

年末調整によって確定した所得税 (源泉徴収税額)が概算で給与から源泉徴収されていた所得税よりも小さい場合は12月分の給与で還付を受け取ることができます。

確定申告をしない会社員や公務員、その他給与所得者の所得税は年末調整後に確定した源泉徴収税額の金額となります。

所得税(源泉徴収税額)の計算方法

今回の記事は、私の過去の源泉徴収票を使って所得税 (源泉徴収税額) の計算方法を解説していきます。

所得税 (源泉徴収税額) を計算する過程で、源泉徴収票の見方についても説明しますので是非最後まで記事をお読みください。

下記の画像は、私の令和元年分の給与所得の源泉徴収票です。

源泉徴収票とは、その年に勤務先から支払われた給与の総額とその給与から毎月天引きされ年末調整後に確定した源泉徴収税額(所得税及び復興特別所得税)が記載された書類になります。

源泉徴収票は毎年、年末頃にそれぞれの勤務先から配布されます。

注意点として、平成25年1月1日から令和19年12月31日までの所得については、所得税に加えて復興特別所得税が併せて徴収されます。

なので、源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額とは、所得税及び復興特別所得税ということになります。

それでは、私の令和元年分の給与所得の源泉徴収票を参考に中身を見ながら、実際に 源泉徴収税額(所得税及び復興特別所得税)を計算していきましょう。

支払金額の部分に、3,941,746と記載されています。

この3,941,746が令和元年中に支払われた給与の総支給額、いわゆる年収ということになります。

次に給与所得控除後の金額に2,612,000と書かれています。

2,612,000という数字は、給与収入を式に当てはめて所得に直した金額になります。

計算式は、3,941,746÷4(千円未満切り捨て)×2,8-180,000=2,612,000となります。

給与所得控除後の金額と書かれており、分かりづらいですが2,612,000という数字は給与所得ということになります。

次に所得控除の部分についてです。

所得控除とは、所得から一定の金額を差し引く制度です。

金額は、991,006となっており詳しい内訳は社会保険料等の金額548,416、生命保険料の控除額62,590、そして源泉徴収票には記載されていませんが所得税の基礎控除380,000(所得税の基礎控除は令和3年度より合計所得金額2400万円以下の場合は48万円に変更)を足した金額になります。

配偶者を扶養に入れている方は、控除対象配偶者の部分

子供や親を扶養に入れている方は、控除対象扶養親族の部分

16歳未満の扶養親族がいる方は、16歳未満の扶養親族の部分

障がい者の方を扶養している場合は、障がい者の数の部分

本人が障がい者、寡婦、ひとり親、勤労学生の場合は、源泉徴収票の下の部分

出典:国税庁ホームページより画像を加工して引用(https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/r3bun_01.pdf)

年末調整で扶養を申請した方はこれらの部分にチェックや数字が記載されているか必ず確認しましょう。

また、所得控除の金額は所得税と住民税で数字が異なるので注意が必要です。

最後に源泉徴収税額の部分を見てください。

源泉徴収税額、82,700と記載されています。

源泉徴収税額とは、会社が従業員の給与から毎月天引きし、本人に代わって税務署に納めている所得税及び復興特別所得税のことです。

それでは、どのような計算をすれば源泉徴収税額82,700となるのでしょうか。

計算式は、(給与所得-所得控除)×税率で所得税を求めることができます。

そして、算出された所得税に2.1%を掛けて復興特別所得税を求めます。

それでは、具体的な金額を当てはめてみましょう。

(給与所得2,612,000-所得控除991,006)=1,620,000(千円未満切り捨て)となります。

この1,620,000は課税所得と呼ばれる数字です。

次に、課税所得1,620,000に税率を掛けます。

下記の表をご覧ください。

この表は令和元年分の所得税の税額表です。

出典:国税庁ホームページより画像を加工して引用(https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/02_1.htm)

この表を見ることで、課税所得に応じた税率を確認することができます。

私の課税所得は、1,620,000なので、税率は5%、控除額は0となります。

出典:国税庁ホームページより画像を加工して引用(https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/02_1.htm)

計算式に当てはめてみると、1,620,000×0.05=81,000となります。

この81,000が令和元年分の私の所得税となります。

次に、復興特別所得税を求めてみましょう。

復興特別所得税は、さきほど求めた所得税81,000に2,1%を掛けて求めます。

計算式は、81,000×0.021=1,700(100円未満切り捨て)となります。

最後に、所得税81,000+復興特別所得税1,700を足すと、所得税及び復興特別所得税82,700となります。

この金額が、源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額の82,700と一致することになります。